物件の形態を確認

このページでは歯科医院の開業物件選びのポイントである「物件の形態を確認」についてまとめています。

好立地が魅力のテナント物件

商業ビルや医療ビル、マンションなどの建物の一部を借りて開業するスタイルです。
テナントによる歯科医院開業のメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット

優良な立地での開業ができる
テナント物件には駅前や繁華街などの好立地が多く、交通の便も良いために人が集まりやすい利点が有ります。
集客という観点からはテナント物件が有利と言えるでしょう。

開業資金が安く済む
戸建てによる歯科医院の開業に比較すると、初期投資費用を少なく開業することが可能です。
初期費用が少ないため開業のための借入金額も少なく、毎月の返済額や返済期間も圧縮されて医院経営がスムーズに行えるようになります。

デメリット

駐車場の確保が困難
テナント物件には駅前や繁華街などの人が集まりやすく建物が密集した地域が多いため、車での来院者のための駐車場を確保することが難しい場合が有ります。
テナント物件選択には駐車場の所在にも注意したいところです。

使えるスペースに限りが有る
歯科医院の配管は特殊です。
オフィスビルやマンション内のテナント物件の場合は、歯科医院として使用するために床を上げて下に配管を通すため、天井が低い物件ではさらに室内の圧迫感が増す怖れが有ります。

費用的にメリットが多い居抜き物件

歯科医院として営業が続けられていた物件が、そのまま機材ごと引き継がれる形で売却やテナントに出されたものを居抜き物件といいます。
居抜き物件には現状で営業を続けている場合と、既に営業を終了しているものが有ります。

メリット

費用が安く抑えられる
歯科医院の居抜き物件利用の一番のメリットは、やはり開業コストを低く抑えることができる点に有ります。
特に古い物件でなければ内装工事も不要で、診療ユニットやレントゲンなどの高額医療機器も中古価格で買取ることができる上に搬入・設置の費用も掛かりません。

開業までの時間が短縮できる
歯科医院を開業するためには内装の設計・施工や機材の選定・購入など数多くの工程が必要です。
居抜きの開業物件ではこれらの手間が省かれるため、必要最低限の手続きですぐ開業することが可能になります。
開業までの期間を少なくすることは収益が早期に得られることにも繋がるため、開業後の資金繰りも楽になります。

歯科医院経営の引き継ぎも可能
開業物件の引き渡し時まで歯科医院として運営されている居抜き物件の場合は、患者のカルテを引き継いでそのまま営業を継承する形での開業が可能です。
その地域ですでに歯科医院として認知され、患者を引き継ぐこともできるので安定した医院経営の基盤が最初から築かれることになります。

デメリット

設備や内装の手直し費用が掛かる
長年経営されていた歯科医院の居抜き物件では内装が古く汚れていたり医療機器が古いことがあるため、内装の手直しや機械の撤去・再搬入などの余計な手間と出費が掛かってしまうことがあります。

前医院の評判が不明
歯科医院の居抜き物件が発生しているということは、その場所で開業していた歯科医院が閉院したということになります。
医院を閉めた理由が医師の高齢によるものなど理由が明確なら問題ないでしょうが、前の歯科医院の評判が悪く閉院に追い込まれたというケースも皆無では有りません。
評判の良くない歯科医院の居抜きでは、地域の評判を充分に調査した上でないと思わぬマイナス要因を背負い込んでしまう怖れが有ります。

戸建て開業物件

土地を購入して新規に歯科医院を建築する開業スタイルと戸建て物件を中古で購入して歯科医院として使用する場合が有ります。

メリット

最適の設計ができる
最初から全てを設計するため、医師が希望する条件を満たした開業物件が手に入ります。

地域性に密着した経営ができる
住宅街など閑静な地域での開業が可能なため、地域住民との交流が有る身近な歯科医院としての営業ができるようになります。

デメリット

開業資金が高額
土地や家の購入費用と医療機器の導入によって、歯科医院を開業するための初期費用が非常に高額になります。
運営計画が充分にできていない開業の場合は、すぐに資金繰りに行き詰まり経営を続けることが困難になることも考えられます。

立地に縛られやすい
資金を投入して戸建て開業した場合は、開業後に立地などの影響で思うような集患が得られなくても簡単に移転することができません。

ベストな物件を紹介していくる歯科医院開業のサポート業者5選>>